MENU

アルコールがもたらす血圧への影響

病院で高血圧と診断され、処方された薬を服用したり、
食事療法や運動療法などを行っている人もいるかと思いませんが、
無理をしてでも摂取したいと思ってしまうもの、それがアルコールですよね。

 

 

 

毎日の晩酌が唯一の楽しみだったり、
友人や同僚とのお酒の場で断りづらかったり、
色々と理由はあるかと思いますが、
アルコールと高血圧の関係を知っていますか?

 

実は、アルコール=高血圧には悪いもの、というわけではありません。
ここでは、アルコールが高血圧の人へとに与える影響を詳しくお教えします。

 

アルコールは血圧を上げる?

アルコールを飲むと体も熱くなり、気分も高まります。
そのため、アルコールは血圧を上げるものと考えている人も多いでしょうが、
実はアルコールは摂取した直後は血管を広げる作用があり、
そうなると、血液が通りやすくなり、血圧を下げる効果があります。

 

また、アルコールは血液を固まりづらくする作用があり、
血液をサラサラにし、血管が詰まってしまう危険度を低くしてくれます。

 

さらには、アルコールを摂取すると、体の中で、HDLコレステロールというものが増加します。
このHDLコレステロールとは、善玉コレステロールと呼ばれ、
これが増えることで、心疾患のリスクを減らしてくれます。

 

ただ、ここで注意してほしいのが、
摂取の方法などによっては、アルコールは血圧を上昇させ、
高血圧の人には危険なものへと変化するということです。

 

血圧を上げるアルコールの摂取方法とは?

アルコールは上でお教えしたように摂取直後は血圧を下げる作用があります。
しかし、長時間飲み続けると血管を収縮させ、逆に血圧を上昇させてしまいます。

 

アルコールを飲み続けると、血管が収縮しますが、
他にも悪い影響があります。
それは腎臓からカルシウムやマグネシウムなどの栄養成分が失われることです。
このことも血圧を上昇させてしまう1つの要因です。

 

また、アルコールを摂取していると、どうしても欲しくなるのが
おつまみですよね。
このおつまみはアルコールに合うものを探すと、塩分を多く含んだ塩辛いものを
よく目にします。
こういったおつまみの塩分も血圧を上昇させてしまいます。

 

もちろんアルコール自体にもカロリーが多く含まれていますので、
そのためにカロリーの過剰摂取で肥満となり、また血圧を上昇させてしまいます。

 

高血圧の人はどのようにアルコールを摂取すべきか?

アルコールは摂取すること自体が血圧に悪いというものではありません。
そのため、きちんと飲み方を考えて摂取すれば
高血圧の人でも心置きなくアルコールを摂取することができます。

 

上に挙げたように、長時間アルコールを摂取し続けると、
血圧を上昇させてしまいます。
そのため、飲みすぎには注意をして、飲み続けないようにしましょう。

 

また、アルコールを摂取する際に欲しくなるおつまみの種類にも気をつけるようにしましょう。
居酒屋などでおつまみを注文すると、大体が塩辛い、塩分を多く含んだものです。
なるべくこのような塩分の多いおつまみをとらないように注意してください。

 

さらに、毎日アルコールを摂取することで、血圧を上昇させる時間が長くなり、
高血圧の人には危険を増やしてしまいますので、
休肝日を作り、全くアルコールを摂取しない日を週に何日か作って、
体を労ってあげるようにしましょう。

 

血圧の上昇を気にしながらアルコールを飲み続けることも
精神的なストレスとなってしまい、そのストレスもまた血圧を上昇させる要因となりえます。
せっかくアルコールを摂取するなら、
楽しく飲めるように、いくつかの点をきちんと注意して、
高血圧でも気兼ねなくアルコールを摂取できるようにしましょう。