MENU

高血圧の人が注意すべき食べ物とは?

高血圧に悩まされている人は血圧を下げるための薬などを処方されて、
服用している人もいるかと思いますが、
自分で今すぐ始めることのできる血圧を下げる方法の1つが食事の内容を改善することです。

 

 

では、実際に高血圧の人が注意すべき食事とはどんなものなのでしょうか。
いくつかお教えしたいと思いますので、
この機会に自分の普段の食生活を見直してみてください。

 

 

塩分の摂りすぎ

 

何よりも塩分の摂りすぎには注意してください。
塩分の摂りすぎは血圧を上昇させる大きな要因です。
塩分を控えめにするポイントを具体的にメニュー別でご紹介してみます。

 

例えば、ラーメンやうどんなどの麺類。
そのつゆには塩分が多く含まれています。
スープは飲まずに具や麺のみを食べるようにしてください。

 

 

 

また、煮物の場合、煮物は味を染み込ませる料理ですが、
こういった料理は具材に塩分が多く染み込んでいます。
味がよく染みた煮物を食べるのは1日に何品も食べるのは控えましょう。

 

 

お惣菜、冷凍食品、レトルトなど加工食品は塩分の多い食事の代表格です。
こういった食事を続けていることで、
高血圧を更に進行させていきます。
なるべくこのような食事は控えるようにしてください。

 

 

ステーキやとんかつなど、ソースや醤油をかける料理もありますが、
こういった食事を摂る場合は、ソース類はなるべく量を少なくし、
既に味のついた料理にはソース類はかけないようにしましょう。

 

 

エネルギーの摂りすぎ

 

エネルギーを摂りすぎることで、肥満を招きます。
肥満も塩分の摂りすぎと同じように高血圧になる大きな要因の1つです。

 

具体的には、揚げ物や菓子類の食べすぎには注意をしてください。
揚げ物には、調理油が多く含まれてしまいますし、
菓子類には、糖分が多く含まれています。

 

また、急いで食べることで、エネルギーの摂りすぎへとつながります。
食事は急いで食べず、きちんと噛んで食べるようにしましょう。

 

 

アルコールの過剰摂取

 

アルコールは血管を拡張する作用があるため、摂取直後には血圧を下げてくれます。
しかし、摂取しすぎると反対に血圧を上げてしまう恐れもあります。

 

また、エネルギーの摂りすぎにもなり、肥満へとつながる可能性もあります。
高血圧だからアルコールは禁止してください、というわけではありませんが、
摂取のしすぎには注意するようにしてください。

 

病院で高血圧に関して診断を受けている人は医師と相談をして
どれくらいの量ならアルコールを摂取してもいいのか、判断をしてください。

 

 

栄養バランス

 

塩分やエネルギーの摂りすぎに注意するあまり、
栄養バランスが悪くなり、体調を崩してしまっては意味がありません。

 

食事の基本は主食、主菜、副菜です。
この基本をきちんと守り、栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。
また、塩分やエネルギーを摂りすぎないように1食抜いたりしては
健康のために良くありません。
主食、主菜、副菜をきちんとそろえ、3食きっちり食べ、
その中で、塩分やエネルギーの摂りすぎに注意するようにしましょう。

 

また、意外と見落としがちなのが調理の際の塩分です。
調理の際も塩分を入れすぎないよう、注意して調理するようにしましょう。