MENU

血圧を下げる食生活とは?

食べ物・飲み物を変えるだけで、血圧は下げることができます。

 

食品と血圧の関係性を理解して、
毎日の生活から高血圧を改善しましょう!

 

 

 

高血圧は数値を見ないとなかなか自覚できない病気です。
人によっては、頭痛や耳鳴り、めまいを感じたりする人もいますが、
なかなかその原因が高血圧とはつながりづらいですよね。

 

そのため、いつの間にか進行してしまい、胸の痛みや呼吸困難、動悸などが起こり、
そのような状態になると他の病気を招いてしまう可能性もあるので、
きちんと病院を受診し、処方された薬を服用しながら
日常生活でも血圧を下げる努力をする必要があります。

 

日常生活で血圧を下げるためには
食べ物・飲み物を見直すことがまず第一にすべきことです。
普段の食事で塩分を控えることが大切ですが、
具体的にはどういった食生活を送ればいいのでしょうか。

 

 

食生活で血圧は上がるのか

高血圧の主な原因の1つは食事です。
具体的には塩分の取りすぎ、食生活が原因の肥満です。

 

まず、塩分の取りすぎですが、
塩分を取りすぎると、血液の中の塩分濃度が高まります。
塩分濃度が高まることで、体はその濃度を下げようとして、
血液中に水分を多く取り込もうとします。
結果、血液の量が増え、血管の内壁に圧力がかかってしまいます。
そのことで心臓への負担がかかり、血圧が上昇します。
この状態が続くことで、高血圧になるのです。

 

次に肥満ですが、
太っている人が必ずしも高血圧である、というわけではありません。
しかし、肥満と呼ばれる状態の人は
そうでない人の約2〜3倍も高血圧になる可能性が高くなります。
肥満の人は血液中に脂質が多く、血液の状態もドロドロの状態になっています。
そのため、体脂肪が圧迫した細い血管などを通るときに、
血液を押し出していく心臓に負担がかかります。
その結果、高血圧となってしまうのです。

 

こういった高血圧を防いだり、少しでも解消するのに、
効果的な食生活を食べ物と飲み物に分けてご紹介してみます。

 

どんな食べ物がいいのか?

塩分の摂りすぎに注意する、摂取するカロリーを抑えることはもちろんですが、
どういった食べ物を食べるといいのでしょうか。
具体的には、たんぱく質、カリウム、植物性の栄養分を含む食べ物です。

 

たんぱく質を多く含む食べ物とは、卵、魚や大豆製品です。
DHAやEPAという名前を聞いたことがありませんか?
このDHAやEPAは血液をサラサラにする効果があります。
血管の壁を柔らかくし、壁が拡張しやすくなるので、血液がスムーズに流れやすくなるのです。
DHAやEPAは魚の油に多く含まれるものですが、
現代ではあまり魚を食べないという人も増えています。
高血圧の他にもアレルギー改善などの効果も期待できますので、
意識して摂取するようにしましょう。

 

カリウムを多く含む食べ物とは、バナナやりんご、パセリ、ほうれん草などです。
カリウムは体の中でいらなくなった塩分、水分を腎臓から排出してくれます。
カリウムが不足して腎臓の動きが低下することで、
体内には余分な塩分が残ってしまいます。
そして、その塩分が原因で血圧が上がり、高血圧となるのです。
カリウムは高血圧の他にも生活習慣病や美容にも良いとされています。
バナナやりんごなどは朝食などでも食べやすい物だと思いますので、
毎日、少しでも継続して摂取するようにしましょう。

 

植物性の栄養分を多く含む食べ物とは、なすび、トマト、にんじんなどです。
他には鮭や鯛などの魚の皮にも多く含まれます。
植物性の栄養分とは、よく耳にするポリフェノールと呼ばれるものです。
ポリフェノールは血管を拡張してくれる一酸化窒素を活発にする作用があります。
結果、血液拡張、血圧の低下へとつながります。
普段摂取している野菜やチョコレートなどにも含まれますので、
いつの間にか摂取していたという人も多いかもしれません。

 

どんな飲み物がいいのか?

血圧を下げるために、食べ物もですが、飲み物にも少し気を使ってみてください。
そうすることで、より効率よく血圧を下げることができます。

 

上で紹介した栄養をとることで、血圧を下げることができますが、
牛乳はたんぱく質やカリウムを豊富に含み、血圧を下げるのに最適な飲み物です。
ただ、カロリーが高い飲み物なので、飲みすぎには注意をして、
成人であれば、1日約200mlを目安に飲むようにしてください。

 

また、他には大人限定になってしまいますが、赤ワインもポリフェノールを含みますので、
血圧を下げるのに効果的な飲み物です。
ただ、赤ワインの場合も過剰な摂取をすればアルコールのため、
血圧が上昇してしまう可能性もありますので、過剰な摂取はしないよう気をつけてください。

 

他には最近では、血圧を下げるのに効果がある飲み物がメーカーからいくつか発売されています。
インターネット通販で注文するものや、薬局やスーパーで購入できる
高血圧対策のお茶などもありますので、
こういった飲み物も合わせて試してみるといいでしょう。

 

栄養の偏りにも注意

上のような食べ物、飲み物を意識して摂取するあまり、
栄養が偏ってしまっては意味がありません。
血圧を下げる効果のある食べ物、飲み物を摂取しながら
体に必要な栄養を偏りなく、摂取するようにしてください。

 

また、調理の際にも塩分の入れすぎには注意をするようにしましょう。